青山学院の歩み

青山学院は、プロテスタント・メソジスト派の学園です。
130年の歴史を有する日本でもっとも古い学校の一つであり、キリスト教教育を堅持し歩んできました。
その間には数々の苦難がありました。
そのたびに、教職員・関係者たちの努力によって、今日の発展を見ることができたのです。
それまでの女子系と男子系の学校が合同し、現在の青山学院の土台が作られたのは1927年。

1949年、大学を設置し、幼稚園から大学院までを有する総合学園となりました。

建学の礎石

1874(明治7)年
~1882(明治15)年

青山の地に

1883(明治16)年
~1900(明治33)年

青山学院と青山女学院

1901(明治34)年
~1926(昭和元)年

昭和の激動

1927(昭和2)年
~1945(昭和20)年

戦後の復興

1946(昭和21)年
~1959(昭和34)年

試練を越えて

1960(昭和35)年
~1973(昭和48)年

新たなる出発

1974(昭和49)年~

キリスト教教育の礎になった人々

キリスト教教育の礎になった10人の人物をご紹介します。

ジョン・ウェスレーとメソジスト教会

メソジスト教会の始祖とされた人、ジョン・ウェスレーをご紹介します。

資料センター

青山学院の歴史的資料や文献を所蔵しています。