プロローグ 宣教のおとずれ
~1873(明治6)年


19世紀半ば、明治維新を経て日本は近代国家への道を歩み始めた。しかし明治新政府は依然としてキリスト教禁制の高札を立て、これを国禁とした。

1871(明治4)年、条約改正のため欧米に派遣された岩倉具視らの一行は、日本がキリスト教の禁制と迫害を止めない限り、欧米諸国との条約改正の交渉が全く問題にされないことを知り、明治政府にキリスト教解禁を上申した。

1873(明治6)年、明治政府は「太政官布告第68号」を発し、キリスト教禁制の高札を撤廃した。これは条約改正のためのやむを得ざる措置であって、信教の自由公認とはほど遠いものではあったが、これによってキリスト教宣教活動が行えるようになったのである。

1872(明治5)年、米国のメソジスト監督教会は日本宣教を決定。翌年、キリスト教禁制高札撤廃の年に、その最初の宣教師を日本に送った。ロバート・S・マクレイ、アーヴィン・H・コレル、ジュリアス・ソーパー、メリマン・C・ハリス、ジョン・C・デヴィソンの5人である。

1549年 フランシスコ・ザビエル 日本にキリスト教を伝える
1612年 徳川家康 禁教令を出す
1639年 鎖国令
1853年 ペリー 浦賀に来航、開国を迫る
1854年 日米和親条約締結
1873年 キリスト教禁制の高札撤廃
1873年 横浜に米国のメソジスト監督教会日本宣教部設立

  • 隠れキリシタン資料 鎧
    (胴裏に磔刑のキリスト像が
    とめつけられている)

  • 宣教師が船から降り立った頃の横浜
    (横浜明細図 明治12年発行)