戦後の復興
1946(昭和21)年~1959(昭和34)年


戦後の青山学院は専門学校、女子専門学校、中学部、高等女学部、初等部をもって新しく出発することとなった。

1946(昭和21)年4月には緑岡初等学校を継いだ「初等部」が設置され、また専門学校も、英文科・経済科・機械科・土木建築科をもって「青山学院専門学校」として開校。女子専門部は同年4月に「青山学院女子専門学校」と改称し、学科を文科・外国語科・家政科・家事専修科に改組した。

1947(昭和22)年、新学制による組織として、前期中等教育を行う男女共学の「中等部」(3年制)を設置した。翌年中学部を後期中等教育を行なう「高等部」に、高等女学部を「女子高等部」とし、1950(昭和25)年4月、この二つを統合して男女共学の「高等部」を設置した。

1949(昭和24)年2月、「青山学院大学」の設置が認可され、同年4月、文学部・商学部・工学部(横須賀分校)の3学部をもって開校した。翌1950(昭和25)年、青山女学院以来培われてきた歴史と伝統を受け継いで、「青山学院女子短期大学」が文科(国文専攻・英文専攻)・家政科の2科をもって開校した。

1946年 青山学院工業専門学校を「青山学院専門学校」と改称
女子専門部を「青山学院女子専門学校」と改称
青山学院小学財団を青山学院に合併し、「青山学院緑岡初等学校」を「青山学院初等部」と改称
米国メソジスト教会より、宣教師再び日本に派遣される
1947年 新学制による「青山学院中等部」発足
青山学院専門学校横須賀分校開校
1947年 「教育基本法」公布
1949年 新制大学として「青山学院大学」を開校。文学部、商学部、工学部を置く
青山学院創立75周年記念式挙行(明治7年を創立年とする)
1950年 大学に第二部を開設
「青山学院女子短期大学」を開校。家政科、文科(英文専攻・国文専攻)を置く
「青山学院高等部」(男女共学)開校
1951年 「財団法人青山学院」を「学校法人青山学院」に組織変更
1952年 大学院を開設
1956年 青山学院校友会と青山女学院校友会の合同

  • 横須賀分校校舎

  • 1949年の青山学院正門
    (大学開校当時)

  • 戦後来日した宣教師
    (1950年撮影)

  • 女子短期大学の授業
    (昭和30年代)