試練を越えて
1960(昭和35)年~1973(昭和48)年


1961(昭和36)年には青山学院幼稚園を開設した。1937(昭和12)年に設立し、戦時中やむなく閉園した緑岡幼稚園のキリスト教保育が、新設幼稚園において再開されたのである。

1964(昭和39)年創立記念日当日、新築なった青山学院記念館において「青山学院創立90周年記念式典」を挙行した。「青山学院教育方針」が成文化されたのは、この時である。90周年を記念して数々の行事が開催され、翌年には『青山学院九十年史』を刊行した。

大学では1965(昭和40)年、世田谷区廻沢に理工学部を新設した。1960年代の思想の潮流として、先進諸国を中心に「大学紛争」の嵐が吹き荒れたが、紛争が続く中、学部・学科組織などの改善と大学院研究課程の増設と充実を図り、総合大学としての体制を整えていった。

1964年 東京オリンピック
1964年 「青山学院教育方針」発表
1965年 大学廻沢キャンパスを開設し、理工学部を置く
1968年 大学に学生紛争始まる
1969年 警察による大学学生会館への強制立ち入り捜査入る
1971年 東京神学大学生編入学問題起こる

  • 大学紛争立て看板

  • 青山キャンパス航空写真 1963年