新たなる出発
1974(昭和49)年~


1982(昭和57)年、大学教育の充実と校地の拡張を図るため、厚木市に校地を購入。文科系各部の1・2年次生及び世田谷キャンパスの理工学部1年次生を移し、厚木キャンパスを開学した。

1986(昭和61)年、6年制一貫教育の実現を図るため高等部と中等部の組織を一本化し、「高中部」を発足させた。

2003(平成15)年4月、大学は厚木キャンパス・世田谷キャンパス両キャンパスの機能を集約し、新たに「高度情報型キャンパス」、「国際交流型キャンパス」、「地域共生型キャンパス」、「環境共生型キャンパス」、「人にやさしいキャンパス」という5つのコンセプトを掲げた相模原キャンパスを開学した。開学と同時に、全学共通教育システム「青山スタンダード」をスタートさせた。これは卒業学部に関わりなく、一定の範囲の知識・教養を持っていると社会的に評価される学生を送り出す、とのコンセプトから組み立てられた教育プログラムである。

時代のニーズに応え、大学は2008(平成20)年4月「社会情報学部」、「総合文化政策学部」を設置、2009(平成21)年4月には、文学部教育学科と心理学科を改組し「教育人間科学部」とした。
2013年4月から、就学キャンパスの再配置が実施され、人文・社会科学系7学部は青山キャンパス、理工学部・社会情報学部は相模原キャンパスで4年間一貫して学ぶこととなった。

現在青山キャンパスでは、2006年12月に、21世紀の青山学院が目指すものとして策定した「青山学院アカデミック・グランドデザイン」に基づいて再開発が進められており、2008年4月から高等部校舎の工事が開始されている。また大学では2012年4月に17号館が完成した。

1977年 大学文学部神学科廃止
1982年 大学厚木キャンパスを開設し、主に第一部一般教養課程を教育
1986年 「青山学院高中部」(中・高6年制一貫教育)発足
1990年 国際政治経済学研究科に国際ビジネス専攻修士課程(夜間大学院)設置
1998年 青山学院第二次将来計画委員会設置
2003年 大学厚木キャンパス・世田谷キャンパスを閉じ、相模原キャンパス開学
2004年 青山学院大学専門職大学院法務研究科設置
2005年 大学院に会計プロフェッション研究科設置
2006年 女子短期大学に子ども学科(3年制)設置
アカデミック・グランドデザイン「21世紀の青山学院~伝統の中での新生、青山学院の新たな出発~」を策定
2007年 初等部校舎改築完成
2008年 ベリーホール及び間島記念館が、国登録有形文化財に登録される
大学に総合文化政策学部及び社会情報学部を設置
大学院に総合文化政策学研究科及び社会情報学研究科を設置
2009年 大学に教育人間科学部を設置、大学院に教育人間科学研究科を設置
2010年 高等部 西校舎完成
2012年 大学 17号館完成、高等部 PS講堂・北校舎完成
2013年 就学キャンパス再配置を実施

  • 大学相模原キャンパス

  • 2004年に完成した初等部メディア棟
    と高学年棟 オープンデッキ