メインコンテンツへ

あおやますぴりっと

あおやま すぴりっと - All Aoyama Interview -

 青山学院の校友から在校生・職員まで、さまざま分野で活躍する方々のインタビューを掲載しています。
 青山学院は150周年を機に、「AOYAMA VISION」を掲げ、サーバント・リーダーの育成を目指しています。ここに登場する方々は、まさに、サーバント・リーダーです。
 活躍の様子、母校で思い出、後輩へのメッセージなどを通して、母校への熱い思いが伝わってきます。

258号 (2016 Winter)

「心惹かれたアフリカで農業の発展に尽力」

独立行政法人 国際協力機構(JICA)農村開発部 / 竹越 久美子

竹越 久美子 さん

1979 年、山梨県山梨市生まれ。2001 年青山学院大学文学部フランス文学科卒業、同年東京外国語大学大学院開発学専攻修士課程入学。在学中に在カメルーン日本大使館付きの外務省在外公館派遣員として勤務。2005 年東京外国語大学大学院にて開発学修士号を取得。同年4 月からNGO 緑のサヘルに所属しチャドに勤務。2006 年パリ第11 大学大学院アフリカ開発マネージメントコース修了。2007 年からNGO 緑のサヘルの職員としてタンザニアおよびブルキナファソに勤務、2009 年からはJICA 専門家としてマダガスカルやブルキナファソで勤務。2015 年よりJICA 農村開発部特別嘱託、2017 年1 月より市場志向型農業アプローチ広域アドバイザーとしてセネガルに赴任予定。

257号 (2016 Autumn)

「人馬一体で挑んだオリンピック」

アシエンダ乗馬学校インストラクター / 北井 裕子 さん

北井 裕子 さん

1973 年、神奈川県生まれ。青山学院大学経営学部卒業。在学中、体育会馬術部に所属。2008 年中国・北京において開催された第29 回オリンピック馬場馬術競技に出場し、団体戦9位、個人戦45位。2016 年6月リオオリンピック日本代表選考会にてトッ プの成績で代表入りを決める。同年8月にブラジル・リオデジャネイロで開催された第31回オリンピックに馬場馬術競技団体戦のアンカーとして出場、団体戦11位、個人戦48位。現在はインストラクターとして若手の育成にも関わっている。

256号 (2016 Summer)

「世界一に挑戦し続ける喜多方の酒」

夢心酒造株式会社 代表取締役社長 / 東海林 伸夫 さん

東海林 伸夫 さん

1968 年、福島県喜多方市生まれ。1993 年青山学院大学経営学部第二部経営学科卒業、株式会社堀内カラーに入社。2 年間勤務後、実家 である夢心酒造株式会社に入社、日本酒の基礎から学ぶ。1998 年に「夢心」と並び「奈良萬」ブランドを立ち上げ、マーケットを地元 喜多方から全国、さらには海外へと拡大。全国新酒鑑評会で数多くの金賞を受賞、近年はIWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ) など権威あるコンテストでも受賞し、海外でも高い評価を得ている。2008 年、代表取締役社長に就任。趣味は写真。

255号 (2016 Spring)

「見た人が元気になるドラマがいい」

脚本家・演出家・作家 / 大森 美香 さん

大森 美香 さん

1972 年、福岡県生まれ。
1992 年青山学院女子短期大学芸術学科卒業、名古屋テレビ放送東京支社に入社。24歳で退社し、フジテレビの契約アシスタント・ディレクターとなる。1998 年『美少女H』第12話「十七歳の記録」で脚本家・演出家としてデビュー。2000年フリーに。脚本『カバチタレ!』(2001年フジテレビ)など佳作を著す。2005年『不機嫌なジーン』で第23回向田邦子賞を史上最年少で受賞。2005年にはNHK連続テレビ小説『風のハルカ』の脚本を執筆。現在放送中の同『あさが来た』も好評を博している。脚本家のほか映画監督や小説家としても活躍。一女の母。

254号 (2015 Winter)

「これからも、ラグビーと共に歩む」

ラグビー日本代表 ゼネラルマネージャー / 岩渕 健輔 さん

岩渕 健輔 さん

1975 年、東京都出身。青山学院初等部、中等部、高等部を経て、大学国際政治経済学部卒業。初等部3 年生でラグビーを始め、日本代 表には大学2 年生の20 歳で初招集された。大学卒業後は神戸製鋼を経てイギリスへ留学、ケンブリッジ大学社会政治学部修士課程修了後イングランドプレミアシップのサラセンズに入団、日本人初の出場を果たした。2006 年にフランスのコロミエに移籍、2007 年にセコムラガッツの選手兼コーチに就任、指導者としてもラグビーに関わるようになる。2008 年に7 人制ラグビー日本代表選手兼コーチに就任、 2012 年から日本代表ゼネラルマネージャーを務める。

253号 (2015 Autumn)

「自分と、パイプオルガンと向き合う」

オルガニスト / 福本 茉莉 さん

大森 美香 さん

1987 年東京都出身。12 歳よりオルガンを始める。青山学院初等部、中等部、高等部を経て、東京藝術大学音楽学部器楽科オルガン専攻をアカンサス音楽賞、同声会賞を得て卒業、同大学大学院を大学院アカンサス音楽賞を得て修了。2011 年よりドイツのハンブルク音楽演劇大学に留学、ドイツ・国家演奏家資格の取得を目指して研鑽を続けている。2012 年第7 回武蔵野市国際オルガンコンクールで日本人として初優勝、その後もニュルンベルク(ドイツ)、ブリクセン(イタリア)、ピストイア(イタリア)などのオルガンコンクールで優勝を果たす。