メインコンテンツへ

格付けについて


学校法人青山学院では、2004年度以来、「財務の健全性を担保する」「情報を公開する」「評価結果を改善・改革に活かす」事の真価を図る手段の一つとして、格付け取得を受けてきました。2004年度からの6年間で当初の目的を果たしたとし、2009年度を一つの区切りとして、格付け取得は一旦休止いたしました。
今後格付けにつきましては、第三者評価を進んで受け、その評価結果を教育研究の充実や学校経営の改善に役立てていくこととし、適宜その評価を受けることを検討していきます。なお、2011年度については日本格付研究所の格付審査を受けることを決め、実施いたしました。評価結果は、AA+(安定的)を維持しました。
以下にこれまでに受けた評価結果を公開します。

スタンダード&プアーズ S&P社

日本格付研究所JCR