建学の精神(教育方針、スクール・モットー)

青山学院は、キリスト教信仰にもとづく「建学の精神」により、一貫する「青山学院教育方針」を持って、教育・研究を行っています。また、幼稚園から大学まで、年齢に応じて独自の教育理念・目標を掲げています。

青山学院教育方針 青山学院の教育はキリスト教信仰にもとづく教育をめざし、神の前に真実に生き真理を謙虚に追求し愛と奉仕の精神をもってすべての人と社会とに対する責任を進んで果たす人間の形成を目的とする。

青山学院スクール・モットー

「地の塩、世の光」  The Salt of the Earth, The Light of the World 聖書 マタイによる福音書 第5章13~16節より

「地の塩」と「世の光」は主イエスが語られたものですが、「教え」というより「宣言」です。
つまり「あなたはかけがえのない存在だ」との宣言のもとに青山学院は立つのです。

〈地の塩〉塩は味をつけ、腐れを防ぎ、清める役割を果たします。人体にはおよそ0.5%の塩分が必要であり、
1日7.5~9グラム摂取しなければ人は生きられないと言われています。隠し味的に、目立たぬ行いで人のため社会のため、意味を与え腐敗を防ぎ、汚れを清めていく人材を学院は輩出していきます。

〈世の光〉誘導燈・燈台の灯(ともしび)のように導き、明るさと暖かさを与えるのが光です。
さらに殺菌し、滋養を与えるのも光です。その如く、目立つ行いで希望の光として励ましと力、エネルギーを周囲に発していくことを本学院はつとめとします。

「地」も「世」も大地や世界という意味よりも「神なき現実」「人間の尊厳を失わしめるような状況」の代名詞です。そうした中で私たちは、神の恵みにより「塩」であり「光」とされているのですから、青山学院に集う者はオンリー・ワンとしての存在感を発揮していくのです。

各学校の教育理念

幼稚園から大学における教育理念をご紹介します。