TOP

教職員のみなさんへ

青学生が背負う借入額は約33億円。
青山学院の学生を救うサポーターになりませんか?

なぜ「寄付」が必要か

「寄付」というと、ハードルが高く、自分とは無縁の事であると考える方もいると思います。
所得がたくさんあり、生活に余裕がある人がするものという印象もあるかと思います。
たしかに、1名の高額所得者が何千万もの寄付をすれば、それで済む話かもしれません。
それでも私たちは一人でも多くの教職員の方々に寄付をしていただきたいという熱い思いがあり、みなさんにご支援のお願いをしたいと思います。
詳細はお配りしたチラシをご覧ください。

500円でサポーターになれます

500円から青学生をサポートすることができます。
たとえば、400名の方に500円寄付していただくと…20万円、奨学金1名分に相当します。

寄付の方法

◆期間:2020年3月25日(水)~
◆寄付金額:500円~
◆寄付の種類:万代基金(給付型奨学金とAOYAMA VISIONの教育研究プロジェクト)
      プルダウンメニューで「万代基金」を選択してください。
◆申込方法:
インターネット募金
お申込時、通信欄に「2020教職員の力」とご明記ください。

寄付をする ➡

入力フォームの注意事項

■募金サイトページの下の「寄付する」ボタンをクリック。

■入力フォームに、下記の点をご注意いただき必要事項を入力。

①寄付の種類 →プルダウンメニューから「万代基金」を選択

②寄付金額 →「500円」以上を選択

③メッセージ/通信欄 →「2020教職員の力」と入力

■必要項目、お支払方法等の選択をして、下の「次へ」ボタンをクリック、
■次のページで項目が間違っていないか確認して、「決済を実行する」ボタンをクリック。

以上でお申込完了となります。

ひとりひとりの力を合わせて、教職員みんなで青学生を支えていきましょう。

寄付をする ➡



本ページにアクセスしていただきありがとうございます。
あなたはアクセスカウンター人目の訪問者です。