TOP

シュー土戸 ポール (Rev. Paul Tsuchido Shew)

青山学院副院長・大学宗教主任・文学部教授・学院宣教師

アーラム大学卒(日本研究専攻)。
ハーバード大学大学院修士課程(M.Div.)、フラー神学大学院博士課程修了(Ph.D.)。コミュニティ合同メソジスト教会、セージグラナダパーク合同メソジスト教会、日本基督教団大森めぐみ教会協力牧師、ならびに聖学院大学総合研究所専任講師を歴任。2004年より現職。
日本基督教学会、日本キリスト教教育学会、「宗教と社会」学会、アメリカ宗教学会に所属。
【著書論文】
Twenty-First Century Christianity and Globalization
「キリスト教教育におけるeラーニングの実践」
「20世紀におけるキリスト教礼拝音楽の変遷」
「20世紀のキリスト教とペンテコステ・カリスマ運動」
『地の塩、世の光』(共著)
『キリスト教大学の使命と課題』(共著)

リーディー デビッド ワトキンス (David Watkins Reedy)

学院宣教師・理工学部教授

ニューヨーク大学教育学部外国人英語教育学科卒業
ニューヨーク大学大学院教育学部外国人英語教育学科修了(修士課程修了)
セラジェイヘイルハイスクール(ニューヨーク) カウンセラー、
学習院大学英米文学部非常勤講師、国立音楽大学非常勤講師、東京女子医科大学非常勤講師、
青山学院高中部講師(専任待遇)、放送大学非常勤講師を経て現職。
大学英語教育学会、JALT CALL、全国語学教育学会、EUROCALL、マレーシア英語教育学会、Christian English Language Educators Association所属
【著書論文】
「プリテスト・ポストテストとアンケート結果の比較:学習に対する意欲調査」
「英語教員の育成と指導者の影響力」
「学部内のイーラーニングプログラムを通しての学習意欲調査」
"A Five-year CALL Project Leads to the Analysis of Motivation with an Eye on Curriculum Reform"
「英語授業デザイン 学習空間づくりの教授法と実践」
「高等教育における英語授業の研究-授業実践事例を中心に」 ほか

小澤 淳一 (Rev. Jun-ichi Ozawa)

初等部宗教主任・教諭

青山学院大学経済学部、東京神学大学神学部卒。同大学院修了。
日本バプテスト連盟三鷹バプテスト教会協力牧師、日本基督教団富士見丘教会協力牧師、同聖ヶ丘教会協力牧師を歴任。1991年より現職。
【論文】
「D. M. Baillie の聖餐論の一考察」

浅原 一泰 (Rev. Kazuyasu Asahara)

中等部宗教主任・教諭

青山学院大学国際政治経済学部、東京神学大学神学部卒、 同大学院博士課程前期課程修了。
日本キリスト教団高幡教会牧師を経て現職。
【論文】
「魅力ある聖書科授業を目指して=旧約聖書から新約聖書への道筋を示す一試 案」

山元 克之 (Rev. Katsuyuki Yamamoto)

高等部宗教主任・教諭

東北学院大学工学部土木工学科卒。東京神学大学神学部卒、 同大学院博士課程前期課程修了。
日本キリスト教団花巻教会牧師、東北教区センター主事を経て現職。
盛岡大学付属高校非常勤講師、東北学院大学非常勤講師、岩手キリスト教学園評議員等を歴任。

吉岡 康子 (Rev. Yasuko Yoshioka)

女子短期大学宗教主任・現代教養学科日本専攻准教授

日本ルーテル神学大学(現・ルーテル学院大学)神学部卒業(キリスト教社会福祉・神学専攻)。 
団体勤務を経て、東京神学大学大学院修士課程修了(組織神学専攻)。
日本基督教団聖ヶ丘教会、青森松原教会、吉祥寺教会にて伝道師・牧師を経て現職。
日本基督教団学生・青年センター 学生キリスト教友愛会・SCF館長。
日本基督教団吉祥寺教会兼務担任教師。

伊藤 悟 (Rev. Satoru Itoh)

大学宗教主任・教育人間科学部教授

青山学院大学経済学部卒。
ノースウェスタン・カレッジを経て、ウェスタン神学大学院、東京神学大学大学院修了。
北星学園女子短期大学宗教主任・助教授、青山学院大学文学部准教授を経て現職。この間、日本基督教団札幌教会協力牧師、同玉川教会協力牧師を歴任。
この間、日本基督教団札幌教会協力牧師、同玉川教会協力牧師を歴任。
日本キリスト教教育学会常務理事、日本基督教学会幹事、アジア太平洋基督教学校連盟副会長、特定非営利活動法人チャイルド・ファンド・ジャパン理事、社会福祉法人基督教児童福祉会評議員。
【著訳書】
『神の揺さぶり』
『地の塩、世の光』(共著)
『モラル教育の再構築を目指して』(共著)
『キリスト教大学の使命と課題』(共著)
『ちいさな子どもたちと礼拝』(解説)ほか
ハワーワス、ウィリモン『神の真理』(共訳)
ハワーワス、ウィリモン『旅する神の民』(共訳)
ジェニングス編『神学者の使命』(共訳)

大島 力 (Rev. Chikara Ohshima)

学院宗教部長・大学宗教主任・経済学部教授

東北大学文学部史学科、東京神学大学神学部卒、同大学院博士前期課程修了。
同博士課程後期単位取得済退学、博士(神学)。
日本基督教団阿佐ヶ谷教会伝道師、同石神井教会牧師を経て現職。
日本旧約学会、日本聖書学研究所、日本基督教学会、青山学院大学同窓会基督教学会に所属。
【著訳書】
『聖書の中の祈り』
『預言者の信仰』
『聖書は何を語るか』
『旧約聖書と現代』
『イザヤ書は一冊の書物か―イザヤ書の最終形態と黙示的テキスト』
『新版 総説旧約聖書』(編共著)
『旧約聖書を学ぶ人のために』(共著)
H.ヴィルトベルガー『神の王的支配 イザヤ書1-39章』
『地の塩、世の光』(共著)
『キリスト教大学の使命と課題』(共著)
『図解 聖書』(監修)
『旧約聖書と説教』(共著)

塩谷 直也 (Rev. Naoya Shiotani)

大学宗教部長・法学部教授

国際基督教大学教養学部卒、東京神学大学大学院修士課程修了(組織神学)。
日本基督教団中京教会副牧師、知立伝道所牧師、梅ケ丘教会牧師を経て現職。
日本自殺予防学会所属。
【著書】
『信仰生活への手引~聖書』
『なんか気分が晴れる言葉をください』
『ひとりぼっちのオルガン』
『忘れ物のぬくもり』
『うさおとあるく教会史』ほか

髙砂 民宣 (Rev. Taminobu Takasago)

大学宗教主任・経営学部准教授

早稲田大学社会科学部、東京神学大学神学部卒。
同大学院修了。
ウェスタン神学大学院、イェール大学神学大学院修了。
日本基督教団横浜指路教会伝道師、同荻窪清水教会牧師を経て現職。
その間、青山学院大学を始め、頌栄女子学院中学校・高等学校、聖学院大学、東京女子大学、東京神学大学、東洋英和女学院高等部の非常勤講師。
日本新約学会、日本基督教学会、日本キリスト教教育学会、学校伝道研究会に所属。
【著書論文】
『栄光のキリスト』
「第四福音書の受難物語(18―19章)における福音書記者の神学―主に伝承史・編集史的角度から」
‘It is Finished!’― John's Passion as the Climactic Narrative of the Triumph of God
「ヨハネ福音書のイエス ―道・真理・命なるキリスト―」
「ビシディア州のアンティオキアにおけるパウロの説教(使徒言行録 13章 16~47節)に関する釈義的考察」 ほか

左近 豊 (Rev. Tom Sakon)

大学宗教主任・国際政治経済学部教授

学習院大学文学部史学科卒業。東京神学大学神学部卒業、同大学院博士前期課程修了。
コロンビア神学大学院修士課程修了(Th.M.)。
プリンストン神学大学院博士後期課程修了(Ph.D.)。専攻、旧約聖書学
日本基督教団横浜指路教会副牧師、同美竹教会牧師。
青山学院大学、国際基督教大学、東京神学大学非常勤講師。聖学院大学・大学院准教授を歴任。
日本旧約学会、日本基督教学会、Society of Biblical Literatureに所属。
【著訳書】
『『信仰生活の手引き~祈り』
『3・11以降の世界と聖書』(共著)
Imagination, Ideology, and Inspiration]: Echoes of Brueggemann in a New Generation.(共著)
『スピリチュアルケアの実現に向けて』(共著)
J.L.メイズ『現代聖書注解 詩編』
W.ブルッゲマン『聖書は語りかける』
F.W.ダブス・オルソップ『現代聖書注解 哀歌』
W.ブルッゲマン『旧約聖書神学用語辞典』(共監訳)

森島 豊 (Rev. Yutaka Morishima)

大学宗教主任・総合文化政策学部准教授

東京神学大学大学院博士前期課程修了。
聖学院大学博士後期課程修了(Ph.D)。
日本基督教団長崎平和記念教会牧師。
活水女子大学非常勤講師。
日本基督教学会、ピューリタニズム学会、説教塾に所属。
【著訳書】
『フォーサイス神学の構造原理―Atonementをめぐって』
『これからの日本の説教―加藤常昭をめぐって』(編著)
リチャード・リシャー『説教をめぐる知恵の言葉―古代から現代まで』(共訳)
『イエス・キリストを説教するとは―こころからこころへの言葉を求めて』(編著)
『日本におけるキリスト教人権思想の影響と課題』(中外日報社「涙骨賞』最優秀賞論文)

福嶋 裕子 (Rev. Yuko Fukushima)

大学宗教主任・理工学部教授

熊本大学卒。
東京神学大学院修了。
ボストン大学神学部修士修了。
ハーバード大学神学部博士課程修了。
日本基督教団碑文谷教会担任教師、財団法人日本聖書協会翻訳部主事補を経て、2007年より現職。
アメリカ聖書学会、日本聖書学研究所、日本中世哲学学会に所属。
【訳書】
W.ブルッゲマン著『叫び声は神に届いた』(日本基督教団出版局、2014)
【論文】
To Lead Quiet and Peaceable Lives: A Rhetorical Analysis of the First Letter of Timothy (2002)
The Memorial of Saint John the Theologian (BHG 919fb)in The Apocryphal Acts of the Apostles (1999)

大宮 謙 (Rev. Ken Omiya)

大学宗教主任・社会情報学部准教授

慶應義塾大学経済学部、東京神学大学神学部卒、同大学院博士前期課程修了。
日興證券株式会社引受部、日本基督教団西那須野教会牧師、同逗子教会牧師を経て現職。
日本新約学会所属。
【訳書】
ディヴィド・ヒル『ニューセンチュリー聖書注解 マタイによる福音書』
【論文】
「『ペトロの湖上歩行』に関する一考察」
「『イエスの湖上歩行』に関する一考察」
「『イエスの嵐静め』に関する一考察」
「悪い農夫のたとえの分析-イエスの意図をめぐって-」 ほか

藤原 淳賀 (Rev. Atsuyoshi Fujiwara)

大学宗教主任・地球社会共生学部教授

玉川大学文学部教育学科卒業、慶應義塾大学大学院社会学研究科教育学専攻卒業、米国ゴールデン・ゲート・バプテスト神学大学院卒業(M.Div.)、英国ダラム大学大学院卒業(Ph.D.)。
東京基督教大学専任講師、聖学院大学総合研究所准教授、教授、同大学・大学院教授を経て現職。元慶應義塾大学特別招聘講師(現代社会と宗教)。
日本バプテスト連盟・恵約宣教伝道所にて牧会に従事(非常勤)。
【著書・編書・論文・訳書】
Theology of Culture in a Japanese Context: A Believers’ Church Perspective, Princeton Theological Monograph Series, (Eugene, OR: Pickwick).
The New Lion Handbook: Christian Belief, General Editor, Alister E. McGrath, (Oxford: Lion Hudson Plc). (Consultant Editor)
Church and State in Japan since World War 2, “A Theology of Japan” Monograph Series 2. (Editor)
Post‐disaster Theology from Japan, “A Theology of Japan” Monograph Series 6. (Co-editor)
The Church Embracing the Sufferers, Moving Forward―Centurial Vision for Post‐disaster Japan: Ecumenical Voices, “A Theology of Japan.” Monograph Series 7. (Co-editor)
“The Challenge of Yoder and Hauerwas’ Theology in the Japanese Context.”
『ジョン・H・ヨーダーの神学:平和を作り出す子羊の戦い』(共著)
『愛に生きた証人たち:聖書に学ぶ』(共著)
「キリスト者と戦争:歴史的概観と今後の課題」
「宣教の基礎理解としての神の自由と限界状態:カール・バルトとジョン・ハワード・ヨーダーにおける戦争理解」
「現代社会とキリスト教」
「『日本の神学』のためのキリシタン研究」
「福音派神学の動向、問題、および展望」
アリスター・E・マクグラス著『キリスト教神学資料集・上下』(翻訳者代表)
アリスター・E・マクグラス著『聖餐:その歴史と実践』 ほか

今年度の主題聖句   2018 Scripture
「平和を実現する人々は、幸いである、その人たちは神の子と呼ばれる。」

(マタイによる福音書 第5章9節)

 

“Blessed are the peacemakers, for they will be called children of God.”
(Matthew 5:9 )