TOP

新型コロナウイルス緊急支援募金

新型コロナウイルス緊急支援募金

新型コロナウイルス緊急支援募金のご報告とお願い

新型コロナウイルス感染症拡大により大変厳しい経済状況の中、新型コロナウイルス緊急支援募金にたくさんの心温まるご支援を賜りました。心より御礼申し上げます。

   1,406 件 67,024,728円
   (2020年9月25日現在集計分)

青山学院では、新型コロナウイルス感染症の影響により、本学に在籍するすべての在校生が、家計急変、経済的に困難な状況を理由に修学をあきらめることがないよう、独自の支援策を講じています。また、国の「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』などの支援も始まっていますが、不足は必至の状況です。
引き続き、皆様からのご支援を切にお願い申し上げます。

皆様からいただいたメッセージ

青山学院からのメッセージ

青山キャンパス 進路・就職部

いま学生の皆さんに必要な進路・就職支援を止めない!

緊急事態宣言で各大学が閉鎖となった4月、青山学院大学の職員も交代での在宅勤務を余儀なくされました。
それでも、進路・就職センターでは毎朝のオンラインミーティングをはじめ、「いま、学生の皆さんに必要な進路・就職支援」を、止めることなく、前例にとらわれることなく、個別相談やガイダンス、セミナー、企業説明会も全てをオンライン化して実施しています。
不自由を強いられる毎日ではありますが、皆さんが1日1日を大切にされ、「今できること」、「今しかできないこと」を先送りせずに努力を継続されることを期待しています。
皆さんの姿、声のしない主役不在のキャンパスはとても寂しいですが、1日も早く皆さんがキャンパスで安心して学生生活の送れる日が来て、進路・就職センターで元気な顔でお会いできる日を心より楽しみに職員一同待っています。

青山キャンパス 学務部

共にこの状況を前向きに乗り切ろう

コロナ禍の中、学務部(教務課・専門職大学院教務課・教職課程課)では、従来は対面で実施していたオリエンテーションや各種手続き等をオンラインで対応し、履修スケジュール等の変更調整や組み直しを行なってきました。この初めて経験する状況には、多くの学生の皆さんが対面で実施できないことに大きな不満を持つのと同時に、感染症が拡大する中を登校する不安が回避される安堵感を持つ方々もまた多くおられます。大学は、皆さんの間に感染が拡大しないように、安全に安心して学修できるように、段階的かつ慎重に対面実施の導入を図っています。これまでと違う学生生活になっていますが、この状況を積極的に利用して、自分用にカスタマイズした新しい学生生活の在り方を見出してください。不安や悩みを解決することができるようにサポートし、応援していきます。共にこの状況を前向きに乗り切っていきましょう。




訪問者数:アクセスカウンター
(2020/6/8ー)