TOP

日本のキリスト者による美術展―田中忠雄・古田十郎・渡辺禎雄―

EVENT

SCHEDULED

2020.11.10

TITLE

2020年11月10日(火)~11月27日(金)開催
日本のキリスト者による美術展―田中忠雄・古田十郎・渡辺禎雄―

CATEGORY

2020年度 短大企画 創立記念所蔵作品展

「日本のキリスト者による美術展―田中忠雄・古田十郎・渡辺禎雄―」

期間 2020.11.10-11.27  9:00-18:20(土9:00-15:00)

   日曜日休み※23日(祝日)はオープン

場所 青山学院女子短期大学 短大ギャラリー 北校舎1階

青山学院主教センター・青山学院女子短期大学共催


「日本のキリスト者による美術展―田中忠雄・古田十郎・渡辺禎雄―」
       
                  青山学院宗教センター・青山学院女子短期大学 共催

              ご挨拶

 この度は、本美術展にお越しくださりありがとうございます。
キリスト教の信仰は「目に見えない神」を信じることですが、聖書はきわめてイメージ豊かな物語によって彩られています。そのため、ヨーロッパ中世から現代にいたるまで、キリスト教絵画は聖書のメッセージを人々に伝え、また生活の中に根付かせる役割を果たしてきています。
 日本においても明治以降、キリスト教絵画の伝統が形作られ、今日に至っています。この美術展でご覧いただける3名の画家たちはその代表的人物です。イエス・キリスト降誕、その生涯、復活と教会の誕生にいたる新約聖書の各場面が描かれています。
 これだけの作品を女子短期大学が収集・所蔵してきたことは重要な意味をもっています。すなわち、芸術学科を設け、学生たちにキリスト教信仰に基づく教育の一環として、本物に触れる機会を提供してきたのです。短期大学は近く閉学いたしますが、今後、このコレクションは学院宗教センターに移管されることが決定しています。
 ぜひ、この機会に貴重な絵画を鑑賞していただき、今後とも青山学院のキリスト教美術を通しての文化発信に関心をもっていただければ幸いです。田中忠雄(1903-1995年)、古田十郎(1903 -1994年)、渡辺禎雄(1913-1996年)は、いずれも20世紀を生き抜いた人々です。その作品に触れ、21世紀に新しい世代のキリスト教美術が創生されることを心より願っています。

                           青山学院宗教部長 大島 力

CONTACT

お問い合わせ先

  • お問い合わせ先

    青山学院宗教センター

  • TEL

    03-3409-6537

  • 受付時間

    平日9:00~17:00 土曜日9:00~13:00