TOP

緊急・災害時の対応

緊急・災害時の対応

緊急時の行動基準

学内にいる時

・学内放送や教職員の指示に従う
・校舎外に出たら落下物に注意しながら、指定の第一避難場所に避難する
・避難後は、余震や火災に注意して、学校からの指示を待つ

通学・通勤途中

・最寄りの安全な場所に避難し、駅、警察、消防などの指示に従う
・帰宅か登校か、自己判断

自宅にいる時

・最寄りの安全な場所に避難し、自治体、警察、消防などの指示に従う
・正しい情報の収集に努める
・学生は学校の安全が確認されるまで、自宅待機。災害対策本部の役に任ぜられている教職員、及び出勤可能な職員は出勤する

緊急時連絡先

学校への連絡は、下記事務室までご連絡ください。
※被災状況・停電によっては電話が繋がらないことがあります。

■青山キャンパス
対象 窓口 連絡先
学生 学生生活部 03-3409-7835
03-3409-7945
専門職大学院教務課 03-3409-8025
教員 学務課 03-3409-7830
職員 庶務課 03-3409-7798
本部総務部 03-3409-6463
■相模原キャンパス
対象 窓口 連絡先
学生 学生生活部 042-759-6004
教職員 庶務課 042-759-6001
■夜間・休日連絡先
対象 窓口 連絡先
青山キャンパス 警備室 24時間常駐 03-3409-8151
相模原キャンパス 警備室 24時間常駐 042-759-6026

緊急時の伝達手段

テレドームによる情報提供

災害(地震、台風、大雪など)、事故などにより、各キャンパス周辺の交通機関が停止し、授業および定期試験などの実施に支障をきたすような事態が発生した場合に使用します。
・大学:0180-993171
・女子短期大学:0180-993272

ウェブサイトによる情報提供

・学院http://www.aoyamagakuin.jp/
・大学http://www.aoyama.ac.jp/
・女子短期大学http://www.luce.aoyama.ac.jp/

災害情報提供サービス

各携帯電話会社では、「災害時の情報提供サービス」を提供しています。サービスの多くは「事前登録・事前設定」が必要です。
あらかじめ各携帯電話会社の案内等を読み、設定しておく事を推奨します。


【例】
NTTドコモ エリアメール
au 災害時ナビ
Softbank 緊急地震速報
など

家族・友人の安否確認

災害用伝言板

下記各社の利用者は、「災害用伝言板」を使用すると各社横断して安否検索が出来るサービスを使って、家族や友人の安否確認を行いましょう。

伝言の登録

「登録」→「メッセージ」→「登録」
・トップ画面の「災害用伝言板」を選ぶ。
・「災害用伝言板」の画面が現れたら、「登録」を選ぶ。
・メッセージしたい項目を選ぶ。(コメントも書き込めます)
・その画面でも「登録」を選ぶ。
・伝言の登録が完了。

伝言の確認

「確認」→「電話番号」→「検索」
・トップ画面の「災害用伝言板」を選ぶ。
・「災害用伝言板」の画面が現れたら、「確認」を選ぶ。
・相手の携帯電話番号を入力。
・その画面で「検索」を選ぶ。
・伝言の検索結果が表示。