TOP

理事長からのメッセージ

青山学院理事長<br>堀田 宣彌[Nobumitsu Hotta]

青山学院理事長
堀田 宣彌[Nobumitsu Hotta]

理事長からのメッセージ

青山学院・新経営宣言 Be the Difference

青山学院理事長 堀田 宣彌


私が理事長に就任して2年目にあたる2017年11月16日の創立記念日に、青山学院がより良い教育と研究と社会貢献の実現という社会の負託に応えながら、永久に存続しなくてはならないという認識と使命のために、「AOYAMA VISION」の改定、すなわち「AOYAMA VISION パワーアップ宣言」と「青山学院・新経営宣言」を発表いたしました。グローバル=世界に軸を置き、「教育」「研究」「社会貢献」「基盤整備」をキーワードとし、それらに挑戦していく青山学院の姿勢を示したものです。
「青山学院・新経営宣言」は、「AOYAMA VISION パワーアップ宣言」の実現を経営的にサポートする経営指針であり、青山学院が世界の教育界から一目おかれる存在になるための経営戦略として、次の4つの基本戦略で構成しています。

・新経営宣言
・Be the Difference
・万代基金
・10点満点の愛校心

これらは、「新経営宣言 Be the Difference」のページで詳しく掲載していますのでご覧いただければ幸いです。

青山学院の建学の精神は、「永久にキリスト教の信仰にもとづいて行われる教育」であり、スクール・モットーとして【地の塩、世の光】を掲げております。
法人の運営にあたりこの建学の精神に基づき進めてまいります。

青山学院は、幼稚園から大学院までを擁する総合学園です。青山キャンパスでは小さな幼稚園児から大学生までが共にキャンパスを歩いている姿は、実に微笑ましく、青山学院ならではの光景です。一方、相模原キャンパスは、素晴らしい自然環境と先進の学びの環境が整っています。

今、教育を取り巻く環境は、少子化への対応、更なる国際化への対応、私学のあり方等、大きく変化している中、青山学院では、神の前に真実に生き、真理を謙虚に追及し、愛と奉仕の精神を持って強く生き抜くことのできる、キリスト教信仰に基づく人材育成を徹底してまいります。これらを実践するためにも、私は、青山学院歴代の理事長が担ってきた青山学院を経営する責任者として、この「新経営宣言 Be the Difference」を実行していく使命に全力を傾注し、その重責を全うする所存です。

青山学院を支えてくださる全国・世界中の校友の皆様、在校生、保護者の皆様、教職員、その他関係する皆様のさらなるご支援、ご協力を切にお願いする次第です。

主の導きを祈り、私からのメッセージといたします。

理事長の紹介(経歴・学歴など)

堀田 宣彌[Nobumitsu Hotta]
1943年生まれ 三重県出身

学 歴 1966年3月 青山学院大学法学部卒業
主な職歴・役職等 1966年4月 株式会社守谷商会 入社
1979年7月 同社 台北支店長(1985年8月迄)
1996年6月 同社 取締役(2000年6月迄)
2000年7月 同社 常務取締役(2005年6月迄)
2005年7月 同社 専務取締役(2007年7月迄)
2007年8月 株式会社GM INVESTMENTS 取締役(2009年6月迄)
2009年6月 株式会社守谷商会 代表取締役社長(2011年6月迄)
株式会社GM INVESTMENTS 代表取締役(2011年6月迄)
2011年6月 株式会社守谷商会 相談役(2012年6月迄)
2012年4月 公益財団法人交流協会 評議員(現在に至る)

(現、公益財団法人日本台湾交流協会 2017年1月1日~)

2012年6月  株式会社守谷商会 特別顧問(現在に至る)
2015年4月  学校法人青山学院 理事就任(現在に至る)
2015年4月  学校法人青山学院 評議員就任 (現在に至る)
2015年11月  学校法人青山学院 理事長就任(現在に至る)