TOP

青山学報

青山学報

青山学院の今を伝え、歴史を紡ぐ「青山学報」

幼稚園、初等部、中等部、高等部、女子短期大学、大学・大学院、本部、校友の活動・行事・受賞など、学院全体の情報を満載し、青山学院の「今」をお伝えする公式機関紙「青山学報」。
ここでは最新号とバックナンバーの一部をPDFでご覧いただけます。定期購読も承ります。

 企画:青山学報編集委員会
 編集:本部広報部
 創刊:1916年7月(1953年6月復刊)

年間購読のご案内


年間で定期購読をお申し込みいただけます。年間購読のためには、専用振替用紙をお送りしますので、青山学院購買会までご連絡ください。なお、青山・相模原キャンパス内の購買会での販売もいたしております。

年間定期購読料:2,000円(送料含む)
季刊・B5版・110頁前後

青山学院購買会

所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷4-4-25
電話番号:03-3409-4401/ファックス番号:03-3409-1889

「青山学報」最新号のご紹介

266号 (2018 Winter)
  • あおやま すぴりっと /神様が導いてくださった医師への道  白杉 由香理 さん
  • 青山学 青山から考える地域活性化論【3】
    企業の地域活性化とその青山からの発信 / 宮副 謙司
  • 次世代Well-Being【3】
    知識教育分野 / 戸辺 義人
  • 研究室訪問 / 初等部図工準備室
    手で触れ、五感を活用し「本物」から刺激を受ける
  • 青山極め人 / 2秒間に全てを懸ける 金子 舜汰

青山学報バックナンバー

265号 (2018 Autumn)
  • 青山学院第15代院長就任式挙行
  • あおやま すぴりっと / 「命」に携わる 開発型ベンチャー企業のプライド  河野 淳一 さん
  • 青山学 青山から考える地域活性化論【2】
    青山の歴史から地域との関係を深める / 宮副 謙司
  • 次世代Well-Being【2】
    健康福祉分野 / 栗原 陽介
  • 「アートでつながる壁画プロジェクト」 / 趙 慶姫
  • 青山学院とオリンピック・パラリンピック ―2020年に向けて【4】―
    “世界人”マインドで国を代表して臨んだ 平昌オリンピック通訳ボランティア / 尹 智嫄 さん
264号 (2018 Summer)
  • あおやま すぴりっと
    「プログラミングと初等部教育」 / 古田 貴之 さん、杉本 卓 先生、井村 裕 先生
  • 青山学 青山から考える地域活性化論【1】
    地域活性化のマーケティング / 宮副 謙司
  • 次世代Well-Being【1】
    Project Scope / 杉野 洋一
  • 青山学院緑岡幼稚園創立80周年記念礼拝・記念会開催
  • 青山学院とオリンピック・パラリンピック ―2020年に向けて【3】―
    「英語の青山」の期待に応え 学生英語通訳としてオリンピックを体験 / 設楽 淳二 さん
  • 大学陸上競技部 箱根駅伝四連覇祝勝会開催
  • 私の恩師
    大学名誉教授、元大学経営学部教授 小林 保彦 先生
263号 (2018 Spring)
  • 第94回東京箱根間往復大学駅伝競走 史上6校目 箱根駅伝4連覇
  • あおやま すぴりっと
    「人は歴史から学ぶ」/河合 敦さん
  • 初等部創立80周年記念式典・お祝いの会を挙行
  • インバウンド・ツーリズム
    インバウンド促進政策と日本経済/長橋 透
  • 小灘拓矢さん・土橋徹平さん ロボットカーコンテストでW優勝!
  • クローズアップクラブ活動/大学応援団
  • AOYAMA PRIZE 「青学動画コンテスト2017」開催
  • 特別企画「クラブ探訪」
    青山学院大学放送研究部
262号 (2017 Winter)
        
  • 青山学院・新経営宣言 Be the Difference
  • AOYAMA VISION 青山学院150年への挑戦
  • あおやま すぴりっと
    「渋谷の今と未来を見つめ続ける」/西 樹さん
  • 第12回「青山歌壇」短歌受賞作品発表
  • 研究室訪問 ― 髙嶋研究室
    従来の通説や一般常識に捉われない視点が大切
  • 青山学院の歴史を支えた人々 ― アリス・チニー/気賀 健生
  • AOYAMA PRIZE NOBU & “青山学院ゴスペルクワイア”の心が一つに
  • 歴史寄稿
    国産ビール開発にかけた情熱 ~青山キャンパス秘史/端田 晶

「青山学報」の歩み

1916(大正5)年7月に青山学院の公式機関誌として創刊されました。
その後、1943(昭和18)年10月、第二次世界大戦の影響により、第176号をもってやむなく休刊せざるを得なくなりました。
終戦後、再刊を熱望する声に応えて、校友・教職員・在学生をはじめとした学院関係者の協力のもと、1953(昭和28)年6月に「復刊第1号」(タブロイド版)を甦らせ、その後リニューアルを重ね、青山学院の公式機関誌として発行を重ねています。
2002(平成14)年6月には記念すべき、復刊200号を発行いたしました。